ダスキンのエアコン掃除

もうすっかり夏ですが、エアコンの掃除大丈夫ですか!

いざ使おうとと思ったらエアコン掃除が出来ていなくて、うまく機能しない。
修理といってもこの季節は混んでて中々掃除してくれません。

私がお薦めなのは、ダスキンのエアコン掃除です。ここなら意外と早くやって来ます。エアコンからニオイがしたら危険信号!エアコンの内部はホコリやカビがいっぱいで、放っておくと室内の空気を汚す恐れがあります。エアコンクリーニングでは、フィルターはもちろん、ご家庭では触ることのできないエアコン内部まで分解洗浄します。
それを知らずにフル稼働していると部屋中にカビの胞子をまき散らすことになってしまう怖い存在です。フィルターはこまめに洗っているけど、ファンやフィンの部分まで掃除したことがないという方は要注意!

放っておくと子供が大きな病気にかかってしまうかもしれません。普通は業者に頼むのが一般的なんでしょうが、節約したい!ってことで、ここではエアコンを自分で掃除するための方法とコツを紹介したいと思います

エアコンの熱交換機や送風をするファンは湿気があり、その周辺や背面には黒カビがが付着しやすくなっています。カビは胞子なので、エアコンを使用した瞬間から「胞子をばらまいている」ことになります。カビの他にも、エアコン内部や背面、フィルターなどはホコリやハウスダスト、花粉など目には見えない物質がたくさん潜んでいます。これらの有害な物質を取り除く意味でもまめなエアコンの清掃が必要です。
さらに、フィルターが目詰まりを起こしているとエアコンが本来の性能を発揮できずに余計な電力を必要とし、電気代があがってしまうことにもなります。電気代を節約する意味でもエアコンの掃除は意味があります。
外側から水をあてると、逆に目詰まりを起こす原因となってしまいます。ベタベタ汚れが気になる時や、油煙やタバコのヤニなどが付いてホコリと粘着しているような時には、家庭用中性洗剤を水で薄めたものや、セスキ炭酸ソーダ溶液、重曹水などを少し使って汚れを落とします。
柔らかいブラシを使えば、フィルターも痛みません。油分が落ちやすいようにぬるま湯でよくすすぎ、日陰干しをしてしっかり乾燥させて下さい。